前回の『ネタばれ』でが思わぬ反響があり、とても嬉しいです。

前回のは、フレーズを使って創るオリジナルな話でしたが....。

今回は、ミュージシャンの音楽的遊び心系のネタばれです。やっぱりミュージシャンは、自分が尊敬してる音をコピーして表現したい、という気持ちもとても強いです。Live後、あれはなんだったんだろう...と思われたファンの方へのネタばれを...。

『君の休日』の間奏の後、今まで無かった8小節が加わっていたんですが....。

これに関してもバンマス角田くんのアイディアですが、最初は「これは却下になると思う! 思うけど!」と注釈?付きのアイディアでした。(^^;
広島、中野、新潟、大阪、福岡、横浜初日に演奏されたものは、JACSON5 (かのマイケルジャクソンが子供の頃からいたルーツ的兄弟バンドです)の『I want you back』という曲のイントロの8小節。
(余談ですが、わたしは中学の時、初めてFENで聞いたこのJACSON5にはまりまくり、歌詞カードにラインとかがんがん引いて、意味調べたり完コピしたりして、コーラスワークにはまった影響力大! のバンドです)

名古屋と横浜の二日目では、Stevie wonder の『サーデューク』こちらはとてもポピュラーだから聞いたことあった人も多いのでは? (^-^)

8小節で表現するのは、あっっ!! という間の出来事で、全員の緊張はなかなかのものでした。(^^;

『夢の在処』の間奏....。こちらは御大Sax player King Curtis&The Kingpins のLiveから『memphis soul stew』。You tubeにて、Live映像見れますよ。かっちょいい!! (そういえば、先日増田俊郎さんと杉山さん、南條さんで『ハンター坂soul stew』というタイトルでLiveやりましたね。)
まあ....あの中でわたしがKey.弾いたのは...、ほとんど角田くんの洒落です(^^;;。

やっぱりこういう遊び心は、メンバー一同生き生きとします(^^)v。