いっぱいのコメント! ありがとうございます(> <)!! 皆さんの興奮や感動が伝わってきて、わたしたちメンバーも嬉しい限りです......。

今回はちょっぴりの裏話を...。

コメントで質問をいただきましたが、「永遠の夏に抱かれて」の間奏、これはマリンブルーさんのおっしゃるとおり、ピンクフロイドのサウンドを取りいれたものです(^^)v。

わたしが風邪でリハーサルを2日休んで、まだ頭から軽く湯気が出てる感じで参加した3日目、「永遠~」のアレンジにはいってました。
角田バンマスが、「今回バンドフィーチャーの曲が無いから、この曲をそうしたいな」と。
オリジナルはファンクな感じの間奏が入ってますが、これをピンクフロイドにしたい と。「前半は柳澤のギターでいって、後半はめぐちゃんをフィーチャーしたいんだよね」と言ってもらい、まだ湯気でほかほかして声もがらがらだったわたしは、その日はただぼ〜っとしてましたが...。

お恥ずかしい話ですが、わたしはピンクフロイドを通ってなく..。レッドツェッペリンとか多大な影響をミュージシャンに与えたこの偉大なバンド達をじっくり聞いてきてませんです。(ピンクかレッドか!?みたいな.....(ちなみにツェッペリンのレッドは赤のRedではなくてLed です(^^;、お恥ずかしい話、として書きました。)もちろん、いろんなシーンで有名な曲達は当然聞いてはいたのですが、アルバムを買って聞き込むということはしてきてませんでした。

翌日角田くんからメールで、ピンクフロイドの曲のイメージのアルバムはこれ、だいたい何分何秒くらいのとこにはいってる、コーラスのイメージ、など..。すぐにItune ストアでアルバムを購入しダウンロードして聞いて。コード感は違ったんだけど、彼の言ってるイメージはしっかり伝わって...。でも、その後のリハでは自分の力不足でフレーズがうまくはまれなくてちょっと悩んだりもしました。
でも、ああ.....、ほんとに食わず嫌いだったのね、と。今この機会にあらためてじっくり聞きたいと思っております(^^)。


間奏に入ったときに照明がブルーグリーン....?まったくそこだけ世界観ががらっと変わって幻想的な雰囲気になったのをステージ上からも感じてました。綺麗だなあ....と深く印象的でした。照明...いつもほんとに!綺麗なんだけど、今回は明るい時間が長くて、あまり見れなかったのが残念!


あと、お茶目なエピソードをひとつ。
夏の日のメロディーの時、本番でシャボン玉が出ましたよね、綺麗だった...。リハーサルでもシャボン玉が出たんですが、それを見た杉山大将、シャボン玉を、なんていうのかな、ボクシングみたいに、さっさっ!!ほいっ! とよけだしたんです。(^^; ......後ろでかなり....笑えた......。本番ではやらないでくださいよ、いい曲なんだから、と願ったのも事実です。(まあもちろんやりませんよね)