管理人さんが「訪問者数の累計がとてもいい感じだから、感謝の意味もこめて出しましょうよ~」「はい」という訳で.....。2007年の10月からこのblog始めて、もうすぐ2年...。こんなにいっぱい見ていただいたんだなあ...としみじみ。ほんとに感謝です! 同じ空気を共感できる人とすっかりお友達コーナーみたいになったり、コメントしなくても読み続けてくださってる方とか....。これは...ほんとわたしは幸せものです! m(_ _)m

以前、コメントでblogネタとして「恐怖体験はいかがですか?」といただきました。 (しょっちゅうネタ切れするので助かりますっ)。
...まあどうしても心霊系にいっちゃうから、「そういうのは一切信じません!」という方は、今回は読むと不愉快な思いさせてしまうと困るので、今回は、ここからは読まないでおいてくださいね(^^)。あと、夜にこんなの読んだら怖くなるわよ! という方はまたお昼間にでも....(^^;
そういう目に見えないジャンルを、信じる信じないは個人の権利ですよね....。

思えば高校生の頃、勘違いでもなんでも、そういう経験が始まりましたね。
例えば試験勉強で深夜ラジオ聞きながら机に向かってる深夜2時。
急になんだか背中がぞぞぞ......っとして怖い!! と訳も無く思ったとたん、ラジオの音がしゅるしゅるしゅる...と消えていって.....。
ひえ~~~~~~っとラジカセをがしゃがしゃ(ラジオ聞いてたんですが何となく..)やったりして多分30秒後くらい? うぃ~~~~~んと音が戻ってきたり。

やっぱり深夜、トイレ行こ、と廊下に出たら、頭の上の辺から「めぐ..」という女性のはっきりした声が。その廊下の左に両親が寝てる和室があり、「なによ~~!!!」と障子開けたら、もちろん..「なによ....」と寝ぼけた両親が。いや、確かに寝てる部屋のほうからじゃ無かったんですね~。声は。でもこれはびっくりしたけどヤな感じじゃなかった。

仕事始めてからは、何せコーラス旅芸人、全国津々浦々行きました。なので、やっぱり古い旅館とかではそういう奇妙な体験がありました。

だだっ広い和室で鍵かけて寝てて突然金縛り状態になって、うっと思ったら畳をみし....みし.....と歩いてくる気配があり、もう恐怖は絶好調、人の気配がすぐそばにきてわたしの手の指を握る、とか。(怖かったです)その後はひとり大暴れしてとけました。

あと25才くらいまで、何故か九州に行くと体調を崩し....。原因不明で熱を出す、とか。
森繁久彌さん(しれ~とこ~の)のツアーの時に、やっぱり熱出して、みんな夕飯に行ってる間、ホテルで寝てたんです。やっぱり金縛りが来て、目はつぶってるんだけど、暗~いひろい場所が見えて、いっぱいの人がそれぞれなんか叫んでる~~....。その時のツアーで、アルゼンチンの歌手グラシェナスサーナさんがご一緒で、スサーナさんが霊感がある、ということでみんな部屋に来てくれて。その日に仲間がお見舞い! と、ホテルのそばで摘んでくれたお花を部屋に飾ってたんですが、それがちょっと気になるわ.....と。
その後その夜は何事も無く........。

ほんとに霊感のある女性がコーラスの友達でいまして..。
彼女いわく、そういう中途半端に(霊を)感じるのは良く無い、そこで精進してある意味修行するか、もう自分はそういうこととはかかわりません!! ときっぱりと自分をいましめるかしたほうがいいよ、と。

.....もちろん後者を選びましたが.....。(-.-)

気の持ちようというか、そういう話をして気持ちを切り替えてからはそういう邪悪な感じのことは無くなりましたね~。でも邪悪でない、ちいさなちいさな、霊感とは呼べないまでも..の経験は今も少~しあります....。(^-^)

P.S. 以前、始めてのスタジオで頭痛がしてたときに後藤さんに「いろいろ(霊的なこと)感じるでしょ、そういうタイプだよね。」って言われたことがありました。後藤さんも不思議なようなそうでもないような(^^;;でも時々やたら哲学的なこと言うんですよ...。