26日、曙橋の461にて、『にくにく兄さん』By 増田俊郎、中野督夫、柳澤二三男
27日は、『増田俊郎with Cock4』のライブ!

両日行っちゃいました。26日は2部目からしか見れなかったけど.....いやいや笑いました。これが噂のにくにく兄さんかっ。
そのうえ......27日は飛び入り参加で1曲コーラスと1曲歌ってしまいました...。 (^0^)

増田さんにお誘いしていただいたのは確か2月の頭くらい?.....メールで「僕のライブ観戦皆勤賞だし、そろそろどうですか?」というニュアンスをいただいて...(#^^#)。
大尊敬アーティストまっすんさんからのお誘い...もう今回は逃げないでやりたい! と思い、参加させてもらうこと決意して、まっすんさんの名曲『Little Child』を歌わせていただきました..。

この曲はもう25年ほど前、当時とても好きだった山根麻衣さんのアルバムに収録してあり、当時は作家さんを知らず、でもとても好きな曲でした。そしてまっすんさんのソロライブみて仰天! まっすんさんの曲だったんだ....と。(他にもそういう曲数々....)

なによりも感じたのは、ステージでまっすんさんとCock4の皆さんの出す音の素晴らしさ。大緊張の中でも、耳がふ.....と持っていかれる。ほんとに素晴らしい音の中で歌えたのはこれはもうラッキー! というしか無いです(^-^)。
あの素晴らしい音のグルーブのなか、自分の歌のふがいなさとか足りなさとか、逆にくっきり見えた気が..。精進します。

今年は滞らせない! いろんなものを(事を)流していく、と、今回の清水舞台からの飛び降りをきっかけに、ライブやることきちんと考えていこうとおもいました~。
ほんとにいい経験をさせてくださったまっすんさんと奥様andマネージメントの恭子さんに感謝! 感謝! (#^^#)です。