12月ももう10日...。早いですね~..あっっっっと言う間に来年がやってきますね。


今は3日間のクリスマスライブの初日『椿山荘』を終えて、15日に『かつしかシンフォニーホール』と18日に『大阪ビルボード』、中日、最終日(^^;と残すのみです。

今回は杉山さんもblogに書いていたように、昨年からのスペシャル、藤堂昌彦くんのバイオリンに加わり、KTSB バンマス角田くんが、ウッドベースを披露してくれてます! .....でも楽器の特性の問題もあり、大阪ではフレットレスベースの予定...なので、角田くんのウッド聞きたい方はぜひ、かつしかに足をお運びくださいませ(^^)v。

昨年もクリスマスライブで活躍していてくれてたKey.のモツ君こと藤本くんが、今年諸事情で参加出来なくなってしまったので、わたしがKey.弾いています。普通に考えると、Key.の代役をたてる、ということなんでしょうが、このタイプの杉山氏のライブは、リハーサルで曲のアレンジを、毎回新たな世界観を作っていくので、突然はじめての代役の方を呼ぶ訳にはいかなく....。(呼ばれても困ると思うし..)一也くん亡き後、後藤さんとわたしと角田くんで何ヵ所かライブをやったこともあるので、やはりここはバンマスに登場していただこう..、となりました(^-^)。でもこんなスペシャルにウッドベースを披露してもらえるとは。とても遠慮がちに「今回ウッド弾かない?」と小さい声で聞いてみた、という感じだったんですけど..。

まずリハーサルで感じたのは、(スタジオで、わたしの右隣に藤堂くん、左隣に角田くん、その奥に後藤さん、杉山さんはこちらと向い合う形でいたんですが)、生音のゴージャスさ。後藤さんもサックスやフルート、パーカッションという生楽器、なんというか、電子楽器はやはり生楽器には敵わないなあ...という印象でした。(MTVライブでFeaturingされた、アンプラグド、というやつですね)

でもそこで杉山さんがアコスティックギターならさらに生楽器じゃない?、ということなんでしょうが、逆に、あえてエレキギターを使っていて、このまろやかな音がウッドととても合っていて..大人なサウンドをかもし出してる気がします。

でも、生楽器はごまかしが利かない、.....その分彼らの太い豊かな音はほんとに素晴らしいと思います。

なので、なかなか貴重な今回のライブ、お時間のある方はぜひ見届けてみてくださいね....(^^#)。