もう.....新年へのカウントダウンが聞こえてきそうな今日この頃ですね。
街もあわただしさに包まれてますね。そういうの、そんな嫌いでは無いんですが、今年はなんだか、いつもの年より、力抜いて年末に向かってます。
いつもお正月過ぎるとへとへとに疲れてしまうので、今年はもちょっとゆっくりと....。

仕事面では、クリスマスライブも無事終了して、(いっぱいのコメント、ほんとにありがとうございました)モードを切り替えて来年のツアーに....。年が明けたら、いろいろ準備に入ろうと思います。


今年はお正月明けに父の軽い脳梗塞、3月には長年のスタッフ由美ちゃんの死...。正直今年前半はとても元気が無かったです。少しずつ自分を取り戻していった感じかな。とにかく何かのせいにしたりすることだけはやめて、気持ちを切り替えることだけ考えてた気がします。

そうして自分を取り戻せば、ネガティブな事が消えてくれる....って信じるように....。

実際には.....やっぱり落ち込んだり悪いことを考えたりしてる時より、クリーンになっていった気がします。
人生ってそういうこと、気持ちの持ち方、とても大切なんだ、と大台プラス1年のわたしはとても思うのです。(^-^) いろんなことに感謝して......、年のせいね、ほんとに最近、生かされてるんだなあとすごく感じる。
生かされてる幸せ感じます!

音楽的には、新しいアルバム目指して数曲を仕上げてますが、ちょっと自分で無理したものは後で聞きたくない(^^;、まあ納得いくものを作ろう(^^)。
後、若いパワーのあるアーティストたちのお手伝いなどはやっぱり楽しかったですね

杉山氏の現場ではやっぱり冬ライブが、(正直かなりいっぱいいっぱいでしたが)ものすごく勉強になりました! 生音の素晴らしさをしっかり味わえて...。やっぱり弦楽器好きなんだなあ....なので、最近かかわっている『Alice』という3人組の音大生ユニットのレッスン現場、すごく楽しいです。
ロクユニコーラスでおなじみになったあっちゃんも言ってたけど、かなり間近で弦楽器を聞ける機会なんてそうそうない......。

藤堂くんも終了後の打ち上げで、「バイオリン一本で呼んでもらえる仕事はなかなか無いので..楽しかったです! 」と言ってくれてました(^^)。冬ツアーではお隣で藤堂くんの音を、『Alice』でもバイオリン、チェロの音を(プラス生のグランドピアノ! ) 堪能できる環境に居れているってほんとに素晴らしいよ....!

ちょっと話がずれますが、故松下一也くんは、「今にオーケストラのアレンジがしたい! 」とずっと言ってました。....彼がアレンジした『月へ帰ろう』のストリングスアレンジ...素晴らしかったなあ。今はもう直接教えてもらえたりは出来ないけど、彼が残した音から勉強することは出来ますからね(^^)。生弦は贅沢で、でもシンセでのストリングスも好きなんです。一也くんに「メグさんのストリングスの音は、同じ楽器を使っても僕には出せない音なんですよ」と、超初心者の頃のわたしに言ってくれて。

「GATE~』のオケに、ストリングスをかなり厚く、初めてコンピューターの打ち込みを私自身で担当したとき、スタジオで聞いたときに、彼はとても喜んで握手してきてくれて、....他のどの音をけずっても、このストリングスは生かさなきゃ! 素晴らしいっ! と言ってくれて。彼は今思うと、そうやっていろんな機会にわたしのコーラス以外の音楽への自信をつけようとしていてくれてました....。今こうしてるのは彼のおかげ。ほんとにいくら感謝してもしきれないです。

なんて、ちょっと思い出話をしながら.....。


今年もほんとにお世話になりました。こちらで元気をいっぱいもらったり...勇気をいただいたり....。皆さんのコメントにいっぱい助けられました。心から...感謝です(;_;)。これからも、Let it be! で生きていきたいなあと思ってます。

そして、また来たる年、皆様にとっても素晴らしい一年になりますように......。心から祈ります。

良いお年を!!!