杉山氏は明日長崎でライブということで、午後メンバー、スタッフと帰京しました。

飛行機の機長アナウンスでも『余分な燃料を積んでいるので、もし何かあっても大丈夫です』という内容で。…なんとも複雑な気持ちでした。

東京、まるで何事も無かったような町並み。軽食を買ってこう…と駅ビルに入り、華やかなショーケースを見たら、…なんだかものすごく泣きたくなった。
電車で仙台の友人のblogを見ていたせいもあるかもですが、あまりにも…東京はいままでの日常と同じで。でも、もうまったく違う、これからは予測もつかない、大地震がまたいつ起こるかわからない、原発は?電気は?すべてはいままでの平和な状態じゃないのに、うわべは同じで。


いまこうしてニュースを見ながらblogを携帯でうっている間も、地獄のような思いをされている方たちがいっぱいいて。


もう10年以上昔、愛のあふれる詞を書かれる作詞家の青木久美子さんとお話したとき、ちょうど大地震の噂が飛び交っていたときで…。青木さんは、わたしたちの仲間では皆祈っているのよ、愛の力で少しでも回避できるように…とおっしゃっていました。

祈る心とか、まったく目には見えませんが、力になる、とわたしも信じています。こんなときだからこそ、辛い現実だらけだからこそ、少しでも前を向けるために、この地球に住まわせてもらいながら、なにも地球に対して出来てない自分たち、改めて感謝の気持ちで、…どうか少しでも静まってくれますように…、今夜は祈りたいです。