あの日から3年たつんですね。
3年、と一口に言いますが、まだ3年。
未曾有の大地震、津波、解決にはほど遠い先の見えない原発事故、そして今もなお仮設住宅に住まわれている人々。

時間が解決することももちろんあるけれど、何も解決しないことも多々ありますね。
福島原発のために、多大なリスクとストレスを負いずっと働きづくめの方々、食事もパンとジュースなど、座って休む場所も無いとも聞きました。

風評被害など、とても以前の生活に戻れたとは言えない多くの方たちの現状とか....。
もちろん、私などは表面的なことしか把握出来ていない。そう、当事者の方達にしかわからない現実。


そして日本の中心地ではオリンピックとか華やかなことに気持ちが向いている現実。
『首都直下型地震、4年内に70%の確率』という見出しが新聞に大々的に出たのは2年前、まだ記憶に新しいのですが...。そういう想定のある場所なのにな。


前を向いて............。その前がどちらなのか、時にわかりづらい今の日本ですが、無念の中亡くなられた大多数の方達、そのご家族、当事者で無くてもきちんと想像力を持って、気持ちを寄せて生きていきたいものです。。。

改めて、今日、心より...........ご冥福をお祈りいたします。

P.S 読んでくださってありがとうございますm(_ _)m。