和 悠美 セツナイ夜ガアルカラ

音楽を創ってます。日々の彩りを少しだけ...。

2009年11月

東京青山にある杉山氏所属の事務所に行って、12月のビルボードライブのの打ち合わせしてきました。

ビルボードHPにて、すでに公表されていることではありますが、当日のサプライズ気分! を望まれる方は、今日はここで読むのをやめておいてくださいね... m(_ _)m 。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
でも、特に行く予定の無かった方などにもちょっとお知らせしたく...。
12月のビルボードライブ........!

そう、今回はバイオリンの方が参加されるSpecialなLive。

これ、.....かなり素敵なことになると....。生のバイオリン、杉山氏のボーカル、この組み合わせは今まで無かった! (FENライブでは、大編成だし...)
昨年のビルボードメンバー、後藤さん、もつくん、わたし、の音に生のバイオリン....。初めてのサウンドがいろいろ産まれてくる予感です。杉山さんの事務所サイドが、今回バイオリンをフィーチャーしたライブを杉山氏に演じてほしかった、とのメンバーブッキングでした...。素敵。

クリスマスソングやラブソングなど、メロディの美しい歌達に、生のバイオリンの音は....ほんとに聖夜(間近)のライブをどんな風に彩ってくれるのでしょう...........。ロマンティックです。

藤堂昌彦さんというバイオリンの男性はまだ27~8才の若さ、プレイは最高! と! オリジナルアルバムも出していらっしゃる、若き精鋭。

ぜひ、今年限り?! のサウンドのChristmas Live に足を運ばれますように! 東京近辺の方はフォーシーズンズホテルのChristmas eve Live にてお会いしましょう!



トランス脂肪酸を義務表示しようという動きが、消費者庁であるという...。

これ、とてもいいことだとわたしは思います。

プラスティック油などとも言われるトランス脂肪酸は、もちろんすぐに健康に被害をおよぼす訳では無いけど、
長いスタンスで、中性脂肪や悪玉コレステロールとかに加担して、心筋梗塞とか脳梗塞など、動脈硬化の原因になるし、日本も絶対表示するべきとおもわれますっ。遅いくらいです....。

輸入のお菓子などでは、「Trans fat zero」「Trans fat free」など、きちんと表示してあるものね。

毎日摂取する量は少なくても、年々少しずつ体内にたまって排出されない油だから怖いんだと...。

どんな油でも、栄養学的にはカロリーは一緒だけど、それが体内からうまく排出されるか、またいい成分として吸収されるか、しっかりと悪影響にたまっていくかはすごくおっきな問題ですよね(> <)。

........でも、いろいろ考え過ぎると外でなんにも食べれなくなるのだ(-_-)。だからもちろんほどほどに..だけど、頭のかたすみで、意識して毎日送るのは、悪いことじゃないものね(^-^)。そういう情報を知ることは選択肢が増えるということですね~。


......と、えらそうに書きましたが、じゃあ昨日わたしが食べたパンやらパイやらはどうなんだ、というとかなり含んでる訳ですわ....(^^;。いわゆるデニッシュ系は恐ろしく高い...かなりのトランス脂肪酸。.............今日は反省して気をつけてます。最近反省ばっかりだなあ。

昨日の寒さはどこへ.....(> <)あんまり極端なのも困るんですが...と自然に向かって文句言ってはいけませんね。

いろんなシーンへ向けた譜面書き格闘中のここ数日です(^^)。

しか~~し、先ほど、パン屋さんで、アップルパイ(パン屋さんのもシンプルで好きです)、チーズのはいったやつ、クィニーアマンとかいうちょっとアーモンドの香りの外パリッ中ふわ...のパン。

.....一気に食べちゃいましたよ(-_-)。こりゃ問題だ。パンのカロリーは...ものすごい。

こういうおうち仕事の時は、ついつい普段手を出さないものに手がのびる...。

12月はちょっとですね、一風変わった楽しいことあるんです~~。まだちょっと公表は差し控えさせてもらいますが、ほんとは言いたくてうずうずしてるの。

もうちょっと! (#^^#)お待ちください(^^)v


実は先ほどですね、落ち込み理由をblogに書いてまして、車をぶつけてしまった...という内容だったです。(もちろん何事も無くもう解決していますが..)

でも、いつもいろいろ気にかけてくださるスタッフの方から、あまり詳細を載せないほうがいいですよ~~!! とご忠告いただきました...。いつもコメントくださる方々がとても温かいので、つい身内用みたいなblog書いちゃうけど、ネット社会は怖いから、と、ほんとに気にかけてくださる方が数人いらっしゃり....。やっぱりわたしみたいな粗忽者は、ちゃんと守ってくださるスタッフの方々の言う事聞こうと思いまして、削除させていただきました。

コメントいただいていたのに、ほんとにすみませんm(_ _)m。
なにかと気をひきしめたほうがいい時期かもです!

近々、もっと音楽的&楽しい(^^;blogを書きたいと思いますっ。いつもありがとうございます.....。




先日のblogでなかなかダウン気味を暴露して、皆さんに励ましやご心配のコメントいただいて....。レスも遅かったから、ほんとご心配おかけしましたm(_ _)mm(_ _)m
でもほんとに! 読んでかなり...元気出たんです。心からお礼言わせてください。こういうコンピューターの活字にもちゃんと愛は写り込む..........

わたしは昔からなんかあってその渦中にいるときには、人に一切言えないひとりっ子クローズな性格で(^^;。

中学生の時に、プール授業で飛び込みに凝ってたことがあり、でもある日飛び込んだときに水面に頭ぶつけたらしくて3日間くらい、ガンガンした頭痛が止まらないのに親に言えない...(^^;、まあ身体のことも心のことも、とりあえず自分の中に閉じ込めやすい性格です。いわゆる水臭い奴。(ちなみにあれ以来もう飛び込めない)

でも最近とみに、この年になって、人が心配してくれたり、自分のことをとても真剣に考えてくれたりすること.....ってほんとにありがたいな.....と心から感じるようになったです。(だいぶ遅い)

物事の感じ方っとかって、自分の中ではどうしても狭いし限界があるし、パターンも決まってしまいます。自分以外の人の、その人がその経験から得たやり方とか考え方で、それを教えてもらえたり分けてもらえたりする機会がちゃんとあるのに、それを、自分をクローズして見逃したり、聞き逃したり、.......いままでそういうことが多い人生だった気がします。

人と人の関係も、鏡みたいなところがあって、相手ががっちりガードしてたら、こちらもガード固めるし、緩めてくれていれば、自分もふっとガードを解いて話したくなったりしますね。

しかし......寒くなりましたね~(^-^;。(唐突ですが)

今日ちょっと『Hula moon session in Tokyo』のDVDを見まして...。( 12月ビルボードライブにちょびっと関係ありな事情もあり...)
やっぱりわたしにとってあのスペシャルの『メモリーオヴ松下一也』は宝物です。
どうしても見ると泣ける...。でも、多分今は..哀しみ、よりも、あの素晴らしいピアノの音に、一也くんという存在に....泣ける。

わたしが今つたなくもピアノを弾くのもシンセを弾くのも彼のお陰だからなぁ(^-^)......。



あらためて、皆様 ありがとうございました....。もう元気です~!

ここ数日、ちょっとばたばた、ちょっと心配事、プラス、ストレスの嵩むこと、プラスアクシデント...、のある日々でした。(;_;)ふう。まあ人生いろいろありますな...。
という訳でミュージシャンのくせにゆっくり音楽にもひたれなくて、今日電車でipod聞いてたら泣きそうになった、やっぱり、NO MUSIC、NO LIFEです。

ど~~~んと落ちこんだりしますが、意外と立ち直りは早い...かな(^-^;。出来るだけひきずらないようにしてます。それよりは、反省するべきとこはして、次にいかないとね...。

という訳で、たいしたblogも書けていませんが、いつもチェックしてくれてありがと.......(#^^#)です。
感謝!! Very感謝!!

12月はちょっとライブ活動もあるし、ちょっと変わり種な新しい試みとかもあるので(今にご報告します)、きちんと前向いて気持ちきりかえてがんばりまっすっ!! (←自分に必死で言い聞かせてる)

という訳で(2回目)、どんどん寒さに拍車がかかってますが、皆さんもお風邪などひかれませんように!

MJ、ことマイケルジャクソンの最後を飾る映画、『This is it!』を観ました。

正直ですね....、彼が亡くなってから泣けてなかったんですね。全く実感わかなくて。
でも映画冒頭に、若いダンサー達がどれだけあの幻のツアーに参加できて嬉しかったか...涙ぐみながら語るシーンを皮切りに...映画中の3分の1くらいは...涙、ナミダ、namida。

そうか、そうだよなあ~、彼はもういないんだなあと。

中学2年の時Jackson5を知ってから、それこそ歌詞カードに赤線引っ張って意味調べて、フェイクの部分まで完全コピーして、あのコーラスワークとともに、ものすごくはまってた日々。

超人的なリズム、グルーブ、やっぱり独特のダンスの部分をすごくフィーチャーされるけど、やっぱり子供の頃からずっと歌ってたあのボーカルは..やっぱりほんとに素晴らしい。

あまり聞かなくなってしまったのは『Black or White』くらいから....。
でも時々聞いた後期のアルバムにも素晴らしいバラードとかいっぱいある。

最後の方でずっと流れた『Heal the world』...マスクしててよかった(^^;。涙が吸い込まれるものね。

あらためて心から彼の天国での心の平安を祈りたいです。

P.S. わたしがけっこう号泣だったシーン...。
イヤーモニター(耳に直接入れて自分の声など音の返りを聞く、イヤフォンのような)を初めて最後のツアーで使ったみたいで、ものすごく違和感を感じた彼がとても歌いにくそうに「歌いづらい、ずっと耳から普通に(床に置かれてるモニターから)聞く事に慣れているから...。.....慣れるように努力するけど、耳にげんこつを突っ込まれてるみたい..」というニュアンスのことを言って。今日本でも一流の人たちも使用してることの多い、このイヤモニと言われる進化したモニター。それを慣れない....という彼がなんだかとても.........。不器用さみたいなとこが愛しく思えて号泣でした。ちょっと普通とポイントが違うかもですが。(^^;







マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)
アーティスト:マイケル・ジャクソン
販売元:SMJ
発売日:2009-10-28
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

森繁久彌さんが亡くなりました。
老衰ということです...。

わたしは確か25才くらい?の頃、知床~ 九州までの全国ツアーに参加させていただきまして...。

飄々とした優しい方だったなあ.....。

心からご冥福をお祈りいたします......。最愛の奥様にもやっと天国で会えるんですね...。

11月だというのに、かなりあたたかい今日このごろです。一気に紅葉してた木々も、ちょっとスピードを緩めるらしいですね。なんか季節が1ヶ月くらいずれてる気がします。

去年亡くなった友人のご家族を元気づける小さい小さいライブを今週行うはずだったんですが、奥様とふたりのお嬢さんがインフルエンザでダウン!! (> <) 延期になりました。
久々にピアノを弾くつもりだったんですが、残念です。しかしほんとに流行ってるのね(> <)。季節性インフルエンザの予防接種は先日一応すませました。まあ...保険です。けっこう注射痛かったな。今は注射の後がかゆい...。季節性でもワクチンはだいぶ足りないらしくて、かかりつけのお医者様だからすんなり受けれたけど、初めての患者さんは断っているとか......。ワクチンはもちろん絶対では無いけど、まあ....とにかく自分の免疫力を高める! これが一番! ですね。

今週は身内のことやら家のことやらでばたばたの一週間。
スラッキーさんの奥さんが「マイケルジャクソンの『This is it! 』が最高!だから絶対に見て!」と。かなり興奮したメールがきました(^0^)。彼女もずっとマイケルのファンだったんです。
DVDにはなるらしいけど、やっぱり大画面、大音響で見ないとね~と。
長く上映してないみたいだから、なんとか時間作って見にいきたいな。
わたしもマイケルはジャクソン5からファンでした。色々スキャンダラスな面ばかり取り上げられた後期だったけど、やっぱり天才は天才。それは間違い無いと思うので、どんな背景が聞こえてきてもやっぱり見たいな。

.....と一口に言っても、いろんな『夢』があります。(この場合寝てるときの夢じゃなくて)

子供の頃、「看護婦さんになりたい」とか、「パイロットになりたい」とか。
さらにいろんな情報が入ってきて「芸能人になりたい」「あの会社に入りたい」などなど、職業に関することが多いですね。

そして大人になると、夢はさまざま。「幸せになりたい」など漠然としたものから、はっきりとターゲットが決まってきたり。

例えば、わたしが「キアヌリーブスの恋人になりたい」と夢をもってたら(比喩ですよ、比喩)それは果たして叶うのか......(^^;)。それを聞いた99.99%の人が『無理』を前提に普通に笑い話になるでしょ。
届かない夢、叶わないから夢、という人もいる....、でも、太古の昔から、人は『無理』を『可能』にさせて今のこの世の中がありますよね。

この空を飛びたい、海を渡って他所の国に行きたい、など、多分その当時、誰もが『無理』と決めつけたことを可能にした人達がいるから、現在こんな風にblog、なるもので自分の伝えたいことなどを、インターネットというシステムでこんなに簡単に現せる「今」があるんですね。間を随分すっ飛ばしましたが(^^;。

そんなことを書いてみたのが、杉山氏に書かせていただいた『何処へ』の2コーラス目のサビの部分で...。

永遠に消えない虹、なんて絶対無いけど、それを目指すことがある。
ありもしないものを探し続けることもある、でもそれは多分、とても境界線がむずかしいんだろうな......。
ただの妄想に向かうだけになるのか?.........現実的に確実に努力をして目指してくのか、それはその夢の質にもよるんだろうなぁ....。でも括りは同じ『夢』。
だからあの歌詞は、何も限定して無くて、読んでくれる人が考えてくれたら嬉しいなあ...と思ってました。(^^) 

夢にも堅実なもの、壮大なもの、いろんな夢があり、そのお陰でわたしたちは生きる力をもらってるのかな。それをプラスにもマイナスにも出来るのは、やっぱり自分自身の気持ちの行方なのでしょうか。

ちなみにわたしは、お正月の参拝の時は「世界が平和になりますように」って標語みたいなことを祈ります。
でもその『夢』は一番....むずかしそうです。

↑このページのトップヘ