先日亡くなった由美ちゃんの夢を見ました(^-^)。

彼女ともうひとり女性と3人で自由が丘でお茶してる、とてもゆっくりと時間は流れてた。
由美ちゃんはとても長く自由が丘に住んでたし、わたしもいろいろご縁のある街だし、それで選んだのかな...と。

いろいろいっぱいおしゃべりして、最後はハグして別れました。ちょっと痩せていて、ああ...背中が痩せちゃったな...なんてとてもリアルに感じてた。


冨士子さんのときも一也くんの時もそうだったけど、まずゆっくり一緒に過ごしてる夢を見れること...これはやっぱりとても嬉しい(^-^)。

冨士子さんの夢を見たのは四十九日の早朝でした。やっぱり別れるときにハグして、ああ、もう会えないんだね....と泣いてはっと目が覚めて。

一也くんとの夢の逢瀬は彼が亡くなってから4ヶ月後くらいのお正月。品川区のとある小さなBarでふたりでゆっくり過ごして。時計を見て「一也くん、もう帰らないと遅いんじゃないの?」と言ったわたしに「...いいえ、まだ大丈夫ですよ」と微笑みながら言ってくれた一也くん。

今回の由美ちゃんとの時間....。最後にくれたメールに「お茶しようね!!」と書いていてくれたから、由美ちゃんは約束を守ってくれたのかもしれません。

ひとつだけ....心残りは、わたしのアルバムをその時に渡すね! と言っていて...。まだ届けていないこと..。


昨夜不思議と言えば不思議なことが...(^^#。
作家の吉野万理子ちゃんから携帯にメールがきたのは夜。「友達からの情報で、さきほどJ-WAVEで、アルバムの『ヒトヒラ』がかかったそうなんですよ! 」と..。

アルバムを出したのはもう2年前..。ましてや教えてくれた時間帯の番組は全くわたしてきな音とは縁が無さそうな(^^;。でもお友達はやはり万理子ちゃん業界の方でわたしもお会いしたことがあり、とてもアルバムをいっぱい聞き込んでくださってる人。この番組で。何時頃かかりましたよ、って確認までしてくれて...(^-^)。
でも、今ラジオって何時頃何がon airされたかって調べればわかるんですが、それも検索されないし、その時間帯はやはりとてもわたしのタイプとは縁が無さそうな(^^;。
お友達いわく、番組を聴いてたら、流れでなんの紹介とかもなくかかったんです....と。彼女の飲み友達にJ-WAVEのプロデューサーがいるから経緯を聞いてみましょうか?なんて言ってもくれました。

うーん、とても嬉しい情報だったけど、ほんとに不思議。由美ちゃんがいたずらでもしたのかしら、なんて、今朝の夢見て思ったりもして。

世の中には理屈のつかないことがほんとにあるんですよね。
少なくともわたしは心からそう思ってるんですよ...(^^)。心からね。