和 悠美 セツナイ夜ガアルカラ

音楽を創ってます。日々の彩りを少しだけ...。

2011年05月

お天気もちょっとぐずつき気味で、今年は梅雨がちょっと早いようですね〜....。

梅雨が明けたらいよいよ夏.......、今年は...節電で、いろいろ心配事も多いですね。
エルニーニョは昨年の猛暑をもたらし、その後の大雨などのたらし、一応終結したようで、今年はラニーニャ現象...だと冷夏になる可能性も多少ある..とか無いとか......? (^^;(このエルニーニョとラニーニャで合ってましたか? いつも口にするとエルニューニョ、とかラニャーニャとかになるな......)

電力が不足することによって、生活の見直しを余儀なくされるこの頃。
でも、あまりにも傲慢なくらいに電気にたよってた日々......(外のトイレにはいって、便座が勝手に上がったり下がったりや、手を洗った後のドライ....ちょっとやり過ぎかな、と感じていたこともあったり....。) 一度肩の力を抜く機会なのかもしれませんね。


先日NHKでやっていた特番で、福島の方が、「もう夜に電気が付かなくてもいい、放射能におびえないで普通に暮らせる生活を返してほしい....」という趣旨のことを言われていました....。
ほんとに胸に響き....。目に見えない放射能という存在、この先何十年、何百年と人々をおびやかす存在は、もう眠りから覚めた怪物のように、誰の手にも負えないのですね。

例えば首都圏という距離感、..............風の向きによっての放射能、また農作物などに影響が出ていて、もちろんとても大変なことなのだけども、じゃあ疎開するわっ!! という人以外はそれと共存していくしか無いんですよね。
ネットなどでありとあらゆる情報が手にはいる時代、でもそれをすべて鵜呑みにしてただ怖がっていたら生活なんて出来ないし、未来に何の希望も持てなくなる..。
時に目をつぶること、(自分の判断で)そうしないと、放射能の情報、地震の可能性、プラス津波の可能性に押しつぶされてしまうよね。

でもほんとに小さな子供達....心配です。わたしの知り合いでも、数年前〜現在、と赤ちゃんが産まれてることが多い.....。彼ら、彼女たちの健康は......心配です。

ただ......もしかしたら、今一番憂いべきことは、未だ被災地で一日に一食しか支給されていないような地域が存在するという事かもしれないなあ...と。いろんな事情で避難所に行かずぎりぎり自宅で耐えてる家には援助物質が全く届かない、など、2ヶ月たった今も信じられないような事実がいっぱいあるのですね.....。食事が無い....生きる気力を奪ってしまう。

原発は確かに国レベルで心配なことだけど、わたしたちに出来ることは正直何もない....。
でも、被災されて何一つ情報も無く辛い苦しい生活をしている方々に出来ることは小さくてもあるはずですよね(^-^)!

 http://bit.ly/kLjXFl ←支援するべき場所はほんとにまだまだかなりあるようです。
わたしはこちらの情報がとてもわかりやすくて、小さな食料支援BOXを送りました。出来れば少しずつでも続けたいなと.....。素人にはわかりやすいことは助かります。


そう! うちにはニューMacがおりまして(^-^)v
ただまだセットアップが出来てなくて、すっかりご機嫌がうるわしくない旧Macで今もこうしてblogをうっています、あ、ほんとに少しずつで申し訳ないのですが、一つ前のblogのコメント、お返事をさせていただきました。m(_ _)m

ほんとにコメントは友人からのメール、と同じもの、特にこちらに書いてくださる方はそんなニュアンスのものがとても多くてわたしはとても幸せ.......。でも友人からのメールに返事しなくっちゃ! という気持ちはとっても強くて(^^)。なのにMacのご機嫌でなかなか出来なくなっておりましたが、また少しずつ再開できるかと思います。いつも皆さん、ほんとにありがとうございます! !


.....ご無沙汰しております....m(_ _)mm(_ _)m

久々にMacを開けて、おそるおそるこれを書いています。
落ちるかな~~、こまめに保存しよう.....。

というか、買い替えなさい、ですね。

一応データはハードディスクに半年くらい前に保存してあるんですが、それをどうやって戻すんんだ?(^^;とか、何せ基本、何もわかってない奴なものですから、面倒になっちゃう....それで騙し騙しこのMacさんにがんばってもらってきてるけど、もちろんもう限界.....メールも拾えないので、もしかしたら、返信も来ない! と失礼なやつになっているかもしれません。ごめんなさい....。

....と言い訳だけで久々のblogを終わらせるのも何ですね....(^^;。

2011年3月。ほんとにもう忘れたくても忘れられない。
未曾有の大震災、原発の問題、プラスして、わたしは父が突然体調を崩し、早朝救急車で病院へ運ばれました。
それから約1ヶ月、検査検査の入院の末、きつい薬で症状を止めて退院しましたが、根本治療ではもちろん無いので、これから本人の免疫力を高めてもらい、少しでも小康状態を長く! と願い、実際そのフォローをしていこうと思っています(^^)。

先日は久々のロックユニット! 年に2回ほど参加させてもらっていますが、いつ参加してもドラムベースギターの3ピースプラスボーカル、とは思えないものすごい肉厚なものすごいパワーのバンド.....。

音楽的にはわたしは当分ライブの予定は無く、仕事もオリジナルも、こつこつと家での作業をこなしています。こんな時代だからこそ聞いていただきたい音を..作っていたいなと思っています。

音楽用のMacと周辺周りの器材が元気でいてくれてるのがほんとに何よりでして....。こちらはもう10年クラスなので、ご機嫌うかがいながらやってます(^^)。

多分音や曲を作る人間はそういうとこあるかと思うんですが、一度うーん...この曲はどうなのかな...と思ってしまうとひるんでしまったり...... デモ音を数曲録っていて、唯一それを聞いてもらっている、仙台から震災以来ついに上京した友人が、改めて背中押してくれました。「メグさん、いつアルバム作るの? わたしは何曲目が好き、あと、あの曲と....」って。そういう声ってやっぱり....ものすごく嬉しくて....、こんな状況だし、いろいろ作り方など迷いもありますが、改めて必ず作ろうって思いました。そしていつも、こちらでもいっぱい背中を押してくださる皆さんに恩返しのつもりで......聞いていただけるように.....。

話は変わり............わたし、Twitterやってるんですが、以前はお店の情報とか、そんなゆるゆるなフォローばかりしていたんですが、3.11以降は、やはり原発などその道のエキスパートの人達、また、感情だけでなくきちんとした声を発してる人とかフォローしてまして、その中のおひとかたの呟き〜blog...。『東京は暗い街』と

それは実際問題の節電で、駅やデパートなどのすべてが暗い、これくらいの灯りでちょうどいいのでは?なんて声も聞こえるけど、(現にわたしは大丈夫だったり.....) 海外から観光で来た外人にはさぞかし暗い怖い街だろうと。その方は仕事で東京〜大阪を往復しているので余計感じたようでした。

大阪駅がリニューアルして、確かにそのニュースは『ほ〜〜〜』というまさしく以前の東京、明らかな温度差を感じるニュース。でもこれからこの状況は延々と続くと思うし。
ずっと東京回りで暮らしてきた人間にとっては受け入れられるんですよね.....。今の状況を。でも確かに他所からぽっ.......と東京を楽しみに遊びにきたら、え〜〜〜〜??!ということになるのかもしれませんね。

東北の状況を思えばなんとも無い、でも、日本の首都、として考えるとやはりこれは大問題なのかもしれませんね。

今回一番大切な、『受け入れる』という感覚。それしか手段を選べないのであれば仕方無い、でも、ほんとにこれで大丈夫?という『疑問』も忘れてはいけないのかな...。
暗い、エスカレーターなど最小限の駅に、高齢者の方達やハンディキャップのある方達は不自由が多いことでしょう。
まったくその街を知らない人達も当然多く訪れる、『駅』に関しては他のどこよりも灯りと電力が必要だったりするのでは.....?

震災以来のライブ、たとえば横浜BLITZ、ロックユニット、見にいったライブ、ステージの上でも客席でも同じ思いを感じたのは、見る側も演る側も多分......以前に増して真剣だということ......。いままでが真剣で無かったと言ってるんじゃ無くて....ね。

今回演れてること、今回見れてること、これは当たり前じゃないんだなあ.........と、次回また演れるんだろうか、見れるんだろうか、そんな切ない気持ちが、ステージ上と客席の一体感をすごく高めてる気がしました。(#^^#)。

人は日常に慣れていくもの。
『当たり前のことなんてどこにも無いんだね』

また必ず同じ音楽を共有しましょうね〜!! またお会いできる日まで.........(いえ、blogは更新しますっ汗っ)



↑このページのトップヘ