和 悠美 セツナイ夜ガアルカラ

音楽を創ってます。日々の彩りを少しだけ...。

2011年08月

外出していたところに管理人さんからメールいただき、わたしがとてつもないミスをしていたことを知りました。『七回目の夏』のblogに、わたしが、「bay aria kids』と『ocean side company』をごちゃまぜにしてしまい......m(_ _)m。

わたしの中で『仲間』がテーマのこの2作品がblogを書いた段階で混ざってしまったようです。


もうほんとに申し訳ありません! 許してください。



今回、一也くんの回想として、7年目にして、ちょっと深い話も書きました。

今コメントをくださってる方々のように、一也くんを慕い愛していた仲間たち、一也くんの当時を皆で分け合いたくなった...というのが正直な気持ちです。




余談ですが.....ちょうど先ほど、『blogを見ました!』と一也くんの奥様からメールをいただいて...(#^^#).......。
ひさしぶりに会いましょう!! という流れになりました。
一也くんが目にいれても痛く無かった愛するお嬢さんも今は海外に暮らしていて、9月には一時帰国するそうです。"ご飯とべったら漬けが食べたい!なんて言ってますよ〜"、と嬉しい話も聞きました。



こうして年月は過ぎていく....。

素敵な人と一緒に音楽を出来たことを心から誇りに思います。



松下一也くんが旅立ってから7回めの夏です。

あの夏も暑かった! そして今年も。でもあの夏みたいに、急に涼しくなりました。
今年はほんとに日本にはいろいろあって、何一つ...終わった訳では無いから、一也くんもさぞ心配してるのでは無いかな...。優しい人だから東北地方をどれだけ案じているか...。

7回め.....。ちょっぴりの回想を。

2004年、アルバム『bay area kids』のレコーディングが、4月と5月の2回に分けて行われました。
4月に録音したのは、『bay area kids』とわたしが書いた『サマー・ムーン』。(ほんとに...嬉しい)
その時は、ちょっと一也くん、疲れてるかな...?仕事忙しそうだもんな、と感じたの覚えてます。

その後電話をもらい「ちょっと大変なことになっちゃって...」「どうしたの〜?」「実は食道癌になっちゃって....」「..........」そして5月入院...だから残りの曲はすべてキーボードレスで録音...。ちょっぴりだけわたしがシンセを入れました。曲が仕上がるたびに病院に持っていきました。


彼は、入院して1週間くらいゆっくり休んでよく眠ってとても体調が良さそうでした。変な言い方だけど。
でもその後手術してからはずっと.....亡くなるまでの3ヶ月、ほんとに辛かったと思います.....。
でも、亡くなる2〜3日前、奥様が「検査の結果一也の身体から癌細胞が消えたの!!」と嬉しい! 報告を受けて、その日はふたりで祝杯をあげた...。だから、22日の早朝の彼女からのメール「大変」の一言...危篤を聞いたときは、まったく信じられなかったです。

葬儀場の都合で、亡くなってから1週間くらいご自宅にいれて。ずっと棺で穏やかに眠ってるみたいでしたね。連日夜になるといろんな仲間が集まって、一也くんのそばで献杯!! していたと..。

お通夜の夜、KTSBで集まれたのは角田くん、二三男くん、わたしの3人。帰りに葬儀場から車で3分くらいのバーミアンを見つけて喪服のまま3人で夕食...というか休みました。
なんか食べたのか何しゃべったのか、とか、なんだか良く覚えてませんが、3人で何だかぼ〜っと過ごしてた。自分で唯一覚えてる会話は「なんか甘いもの食べていいかな」「いいよ」。
猛暑一転、肌寒い夜。絶対忘れられない夜。
わたしのアルバム『セツナイ夜ガアルカラ」の「We miss you~dear K~」はまさしくあの夜。だから、未だにあまり聞けないな。

翌日の告別式は冷たい雨。多くの..ほんとに多くの仲間たちが集まりました。


未だに....いえ、永遠に変わらない想い。
ほんとに素敵な人でした! (^^) ピアノはもちろん人柄も.....!
今、奥様も子供たちもみんな元気に過ごしていらっしゃる....一也くんがしっかりと守っているのだろうな。
(^^#
わたしの音楽専用macを立ち上げると、チェックのシャツを着て、熱くピアノに向かって弾いている一也くんの写真が。あの10年ものmacが壊れないのは、一也くんが守ってくれてるんでないだろうか...、なんて一人で感謝しているわたしです。

久しぶりに夢で会いたいです。..........一也くん、ほんとに久しぶりに、.....お待ちしてます!







メンバーだったり、その同じ空間を共有した同士は、同じテーマのblogの内容って時々かぶる...(^^;
8月9日にblog下書きしてたんですが、昨日見た角田君のblogとほぼ内容がかぶってたので書き直しているわたしです。(汗)

当日2時間くらい前にゲリラ豪雨に見舞われ....本番が始まった頃もまだ小雨は降り続いていました。
でも不思議とあまり心配しなかった..。絶対! 行われる、と信じていたし。

コーラス木戸さん、比山さんをお迎えして厚い3声コーラスをCDの感じに再現できたこと、これはやっぱり嬉しかったです。「夏が来たね」とか自分でコーラスアレンジしたものをお二方と一緒に出来たのも結構感動しましたね....。ああ、やっぱりコーラス好き! と。打ち上げでも木戸さんとやたら盛り上がってしまいました。「コーラスっていいよね! ハモった時の快感はすごいよね! 」みたいな(^^#。


えーとえーと.........後かぶってない話.....。
あ、メンバーの衣装(杉山氏除く、なかなかご本人のはむずかしい! )今回またわたしが揃えました。
えーと、何故わたしが揃えたかと言いますと、結局楽器を弾く人間というのは衣装によって弾きにくい、というのは絶対御法度な訳で、その理由とかを、一応同じミュージシャンとしていろいろわかるので.....。

後、メンバーの我がままをまあ...ある程度は....聞いてあげる(+_+)。
今回のオーダーは、バンマスからは「俺を奥田民生にしてくれ」
キーボードの高瀬くんからは「海パンでも何でも着ますよ〜〜! 」
...このお二人が参加してたバンドライブが、先月高円寺ジロキチであり、それを見に行ってライブ後ホロ酔いの二人に野音衣装の相談したときの会話です。

.....どちらの要望にもあまり答えられてませんが、まあこんな感じで毎回メンバーからはいろいろあります。
サイズもある程度は把握してるので、ライブ前に「大きく変化ある人メールちょうだい」と業務連絡やり取りしたり。
まあ年齢的にか、もう安定してきてますが。


えーとえーと.........、あ、今回はモニタースクリーンがあったので、皆さん、高瀬君や南さんのお姿、結構くっきりと認知されたのでは無いでしょうか... 。熱くプレイするお姿.....かっこいいですよね(^-^#)v。

杉山氏が打ち上げで皆にしゃべっていたんですが、「後ろのスクリーンに写る自分をちょっと見てみたくて後ろ向くと後頭部しか写らないから結局見れない...」
確かにそうですよね〜.........! なんかウケました。(^-^#


Twitterにも書いたのですが、今年の野音の楽屋、開演30分前でもほんとに和気あいあいとバカ話で大爆笑な感じで.....。そういうおおらかな空気を全員そのままステージに持ち込めたような気がします。

わたしが感動したのは、ステージに最初あがった時、小雨にもかかわらず、満杯のお客様。そしてなんというか、客席からパワーのオーラみたいなものがひしひしと感じたんですね....。
今までで一番、それを感じたかもしれない。
ちょっと背筋がぞくっとするような。
だからなおさら客席とステージの一体感が強かったのかもしれません。

こんなご時世ですが..........。前だけを向いて、怖がらないで.....今だまだ、大変な想いをされてる方達の事をちゃんと心から思いやり......そういう人として大切な『気』をしっかり持って生きていきたいです。
そして来年も今年みたいな素敵な野音ライブが必ずある!! 今まで当たり前だったこと、でも当たり前じゃなかった、とても貴重な事なんだ....。
そういう想いを...みんなで共有していけたらすごく素敵なことだと...心から感じた、2011年の野音!
無事終了いたしました。ありがとうございました!














6日間のリハーサル終了です!

改めて感じてしまうのは、プレーヤーの皆さんのすごさ。ボーカル力のすごさ。
それは感動に値するものです。

その人が出す音はその人なり....だなあとしみじみ。

around50!のメンバー、若いミュージシャンにはとても太刀打ち出来ないであろう(^^)v、なんというか、その表現力のすごさ、です。

でもね.......ほんとにすごい音圧で、わたしは本編のリハ終わった後、モニターのある方の右の耳が全く!! 抜けなくなる........(^^; ヤバイ。わたしのシンセもかなりすごい音量出してるんだけど、それより何よりまずドラム今泉さんの音圧に合わせて一丸となってるメンバーの音のすごさがもう...。
今泉さんのパワードラムは、メンバーが尊敬で笑ってしまうくらいです。(^-^)
耳はやられますが(汗)全く! うるさくない、ただひたすら、ほんとにかっちょいいですよ〜!

という訳で、さて8月7日! 年に一度のお祭りライブ! 今年はちょっとスタッフがある趣向を凝らしました。
ほほ〜〜〜!! (^0^)という感じ。
どうぞお楽しみにね! See you soon!


↑このページのトップヘ