今年は紅葉が早い気がします。(^^)
猛暑一転、途中で一度気温がぐっと下がったせいでしょうか。
紅葉の美しさって格別です。電車の中からぼ〜っと見とれることとかしょっちゅうあります。


さて、先日、アルバム唯一のピアノ一本の曲をレコーディングしてきました〜。
ピアノは今年ツアーより参加してくれている高瀬順くん!
彼は外人みたいなダイナミックなプレイをする...。ちょっと一也くんを彷彿させるピアニストです。
いつもの杉山チーム御用達エンジニアの小林君にもご足労いただき、3人で都内のグランドピアノの小さなスタジオとコンソールルームの二部屋で...。やっぱり楽しかった。信頼できるメンバーとのレコーディングは楽しいです。


そして、昨日、その高瀬くんと、ドラムの坂田学さんのユニット『サカタカセッション』in 高円寺ジロキチにお邪魔してきました。坂田学くんは、あの、あの、坂田明さんのご子息。カエルの子はカエル、と言いますか、ものすごい才能のドラマー。(でもご本人はギターと歌で弾き語りライブとかもされるそうな)
プラスのメンバーも素晴らしい、ウッドベース、チェロ、サックス、additionalなプレイヤーとして?、トランペット。全員がものすごくアーティストっぽい感性で、その集まりの音だからそれはもう....半端無く素晴らしかったです。基本ジャズ、でもサルサだったりクラッシックな香りがしたり、全般にはメロディアスでとても気持ちが、耳が入りやすかったです。
いいライブはほんとにいい!


さてさて、じゃあ次回のレコーディングはいつかな? というと、何せプレイーヤーさんだけでなくエンジニアの小林くんも超〜〜多忙で、でも、できれば知らないエンジニアさんとでは無く録音したいし....。
アシスタントエンジニアをしてくれていた三原ちゃんという女子も今はエンジニアだけでない広く音楽を作るサポートの仕事を初めていて、先日久しぶりに会いました。(^^)v 彼女にも機会を作ってぜひ参加してほしいなと思っています。


でもレコーディング始まってしまえばあっという間。それまでに煮詰めることはいっぱい!


プラス、いよいよ12月のクリスマスライブの準備もとりかかっています。
今年は.....なんと...クリスマスイブにビルボード大阪! (^^#)きゃあ、なんてロマンティックな日にクリスマスライブ....。そして恵比寿の初めての会場もあるし(お洒落なお店らしいですよ)仙台、九州、そしてかつしかシンフォニーホール!! 来てくださる皆さんがどっぷりと! 杉山ワールドのクリスマスに浸れるように、前年以上にクリスマスのムードを高めたいと思っています。


そのアレンジはまたバイオリンの藤堂くんをお迎えする......、繊細な音を作っていくので、1ヶ月は軽くかかる.....(^^; ので、もう真剣に入り込んで気分はすでにクリスマス。
とても楽しみです! ので、自分のアルバムのこととクリスマスアレンジとをうまく気持ちよく両立していく(いきたい)この2ヶ月です。


今年の3月11日....。起こったあの直後〜、...それこそまだ先だった野音、そしてクリスマスライブ...出来るんだろうか...ってほんとに思っていました。そして何ひとつ収束していない原発事故。あちこちでホットスポットが見つかり、食べ物の汚染はただ進んでいるのかもしれません。
でも! だからこそ、今揺れていない大地で普通の日常をおくれている今に感謝しながら、悔いの無いように音楽していきたいと思います。


今も大変な思いをされている、原発で従事されている方々、いまだ避難地での生活を余儀なくされている方々、不自由さはもちろんまだまだ改善されていない地域、そういう人達を思いやる、そういう気持ちだけは絶対に、忘れないでいたい! と。そういう想いでいたいですよね。(^-^)