和 悠美 セツナイ夜ガアルカラ

音楽を創ってます。日々の彩りを少しだけ...。

2012年08月

記憶違いなど、ミスがあったら申し訳ありませんっ!

舞台下手(客席からステージを見て左側)より、まずはメンバー全員ステージへ。。
しかし.......ステージに出て、まず軽くショックがありました。雨はまだまだとても強く降り続いていて。。ぎっしりと観客の皆さんで埋まった客席。。。こんなに強い雨で体は冷えてないのだろうか、とか、雨がっぱで不快な蒸し暑さも増しているのだろうか....とか、そういう感情的なところにいってしまったことは、正直な気持ちでした。やはり、女性の多い観客席にどうしても感情移入してしまいます。

そして杉山氏を迎え入れ、1曲目は、ビートルズの『Here comes the sun』。
この曲は、杉山氏が高校生の頃からギターを練習して歌っていた、とのこと。バンドで出来る日が来て嬉しいよ! とリハで言っておられました♪。

杉山氏のギターがイントロを弾き出し、少しずつメンバーの音が重なり、歌が始まってからはいつものとおり、ミュージシャンとして、良い音を奏でなくては、という気持ちに。

前半、新しい試みとして杉山氏が考えた、一気に夏を感じてもらうため、7曲を続ける。MCも敢えてはずし、間、波の音(SE)でつなぎながら、世界にひたってもらいたい、という構成。

そしてメンバー紹介と軽いMC、後、被災地に向けて書かれた『ここから始まる物語』。
そしてわたしたちメンバーは一旦楽屋に戻り、根本要さんと杉山さんのコーナーに!

楽屋では、あまりステージの音が聞こえず。
様子を見にいったバンマスが、「客席がどっかんどっかん(笑い声で)湧いてたよ」と。(^-^)
今回は、お客様みんな、雨に打たれ、体が冷えたり、精神的にもとても大変だったと思われます。。(T_T)
なので、一気に曲を聞いた後、要さんと杉山さんとのかなり楽しいトークは、気分をがらっと変えてくれるものになったのでは....と。そしてお二人の素晴らしい歌声。

わたしたちは、2部目に備え着替え、次の出番を待つ.....。

そして、2部目、最初の曲は、間奏にKTSB本領発揮! とも言えるアレンジがなされた『Transit in summer』から♪! そこからはまた1部目とは違う流れで、2曲演奏してMCが入る、通常のパターンへ。
雨はほとんど小降りになっていて、嬉しかったですね!

ファンの方にとっては懐かしいバラード2曲あり、また、なんと! アルバムから初めてお披露目の『crazy love』など、その時々にあがる歓声に、皆さんの歴史をこちらも垣間見れたような気が...。

今回、杉山さんが歌詞を飛ばしてしまう、というハプニングがありましたが、すかさず会場の皆さんが歌われたり、これはバンド内でも、『すげえ』と感動していました! 愛を感じましたね。
(演奏終了後、バンドで、『杉山くんが歌詞をとばすって本当に滅多に無いことだし、天候のことや、要さんとのセッションなど、違う意味での神経を使ったことが多かったからだろうね』と話しておりました。)

そして、ラスト曲『さよならのオーシャン』を迎え一旦引っ込み、アンコールへ...。
『The Dream』で、サビの部分を客席と一緒に歌う、、これもとても感動的でした......ステージと客席の強い一体感を感じながら、『Living in a paradise』で盛り上がり、そして、今回の大阪野音は終演いたしました!!

今回は東京から足を運んでくれたお仲間も多く、オメガトライブのベーシスト、大島さんや、エンジニアの小林くん、などなど、皆さん自腹にてこの野音を見届けに来てくれたこと、わたしたちもとても嬉しかったです! (^0^)

終演後、杉山さんはファンの方達とのパーティーとのことで、バンドは一足お先にホテルに戻り、1時間ほど部屋で待機、のち、打ち上げのお店に行き、「杉山くんには申し訳ないけど....」とゲストの方々と先に乾杯。
そして、杉山氏がお店に現れたのは11時くらい。。そこからまた皆で盛り上がり、野音の夜はふけてまいりました.......。

悪天候は、来て下さった皆さんと、現場で動くスタッフさんたちがほんとに大変だったと思われます。。心からお疲れさまでした!! と申し上げたいです。

しかし、天候不順のリスク、これはどうしてもつきまとう野外ライブ....。その基本を、充分に理解してくださり、十二分に楽しまれた方がほんとに沢山いらした!! ということ、これはステージサイドの人間としても、とてもありがたく、幸せなことです!

ただ、あの後、お風邪などひかなかったか...体調崩されたりしてなかったか......など、もちろん心配は尽きませんでしたが、ともにあの一日を過ごされた皆様、そして、事情で参加は出来なかったけれども、いっぱいエールを送ってくださったお留守番組の皆様、(泣)サポート一ミュージシャンとして、心から御礼申し上げます。

ありがとうございました!!!!!
また来年! 楽しい野音ライブを迎えれますように!!!
















終了いたしました! 2012年8月18日大阪野音! のレポを覚えてるうちに私なりにがんばってみますっ。(あくまでも主観です。多少の間違いはご容赦くださいネ)


朝9時台の新幹線。メンバーはバンマス、後藤さん、南さん、高瀬くん、わたし、の5名、大阪へGO!
今泉さんは、ご実家よりの参加で大阪駅にて合流でした。早い時間の新幹線、みんなぐっすり.....。

そして大阪駅改札で今泉さんと合流、イベンターさんのお出迎えを受けてタクシーにて大阪野外音楽堂へ。晴れ、でも雲多し、時々ぱらぱらっと小雨。

野外音楽堂、到着。スタッフに出迎えていただき、楽屋入り。楽屋はちょっと学校の教室みたいな雰囲気。
杉山氏はゲストの根本要さんやスタッフとともに前日入りしていて、楽屋にて私たちを出迎えてくれました!

いつもあるケータリングサービス。お昼ご飯! 日比谷野音だと楽屋の中にあるんですが、大阪野音ではなんと外に用意してありました! (^^) スタッフも一緒、食べたい時にそこに行っておぼん持って並ぶ。この日のメニューは冷やし担々麺と中華丼。まだ蝉の声と曇り空。現地のスタッフの方々やいつものスタッフ達と備えられたテーブルで席を並べいただきます!! 楽しい。

そしてリハーサル! 暑い〜〜〜.......とにかく湿気がものすごく、しかし上にはちょっと気になる黒っぽい大きな雲が....。
そしてリハも続くなか、スタッフの動きがあわただしく....。皆一様に空を見上げている。
ぽつぽつと雨の気配。そして、多数のスタッフがビニールシートを運び出し、器材関係を覆い出します。

ある程度のリハーサルを終えて楽屋へ。何せ、お楽しみ曲も多い、野音はまわりで待っているファンの方々に聞こえるため、リハは最小限に。。。♪

根本要さんも楽屋入りされて、ご対面! やはりオーラのある、素敵な方です。

要さんたちのサウンドチェックも終わり、部屋や廊下でギターを抱えて声出しする要さん、杉山さん。
二人のハーモニーはぱっと聞いてると、どちらがどちらかわからないくらい声が似ている。

外の雨の音、雷鳴、なんとも怪しげな気配。楽屋は2F、小さな窓から1Fで傘をさして待機する沢山のファンの方々が見える。皆で心配する。。。
スタッフは、1時間くらいで雲が切れると思うんですけどね...と。しかし途中からびっくりするくらいの雨。
雷鳴。

本番が近づくも雨の止む気配無し。スタッフより、どちらにしろ会場が水浸しなので、開演は遅らせます、との情報。30分は押す気配。。。 そして決定が出たのが3時半くらいに、会場は4時半、開演は5時、と。

衣装チェック〜〜。ご本人の衣装は先日のテレビも担当されたスタイリストさんがとてもさわやかで素敵な衣装を揃えられてる。『汗かいたらいっぱい着替えてくださいね、って言われた』と綺麗な色のTシャツが何枚も杉山さんに用意されていた(#^^#)。そしてメンバーの衣装はわたしがやらせていただいた。

今回、メンバーは、要さんと杉山さんのセッションの間、約30分休憩になる。杉山さんよりリハ中に、『メンバーの分、絶対前半で汗をかいて、休憩中に体が冷えたりするから(ご自分のイベントとかからの経験から、と)出来れば2枚揃えて! 』とお達しあり、で、急遽全員、上は2枚揃えて1部目と2部目は衣装替え〜〜(^^)。非常に珍しい!

さて、そして各自、本番まで長く空いてしまった時間を緊張感を保つために各自いろいろ.....。要さんと杉山さんはずっとギター弾きながらふたりで声を合わせてる。聞こえてるメンバーも「2人ともすごくハイトーンボイスだから合わさるとすごいね〜」など。

そして.......4時半くらいに舞台監督さんより、「10分早めます! 4時50分開演します!! 」と決定が出る。
メンバーは4時15分くらいにはみんな衣装に着替えてた(早い)。
そして............夏の大イベント、野音! ライブの開始です。。。。。(後編に続く.......)(^^)/

猛暑、お見舞い申し上げます!

.....なんというか空気が陽炎状態の日々ですね。
体調崩していませんか? 今年は水分補給でも、いつも以上に早め早めのケアが大切かも!
熱中症にくれぐれも気をつけてください。。


さて! 皆様お待ちかねの野音の全貌が見えてまいりました。
セットリスト、譜面、音源、3点セットが各メンバーに到着しています。

わたしのお仕事の一つに、譜面を書く作業が。(なんとなく今までの流れから....)
いわゆるレコーディング譜面というのは、当日ミュージシャンが全てを初見で把握するためのものなので、横に5枚とか.....同じ1曲でもとても長い譜面が多いんですね。
しかし! リハーサルでいちいち途中めくってる暇なんて無いし、出来る限りコンパクトに、ほとんどを2枚の見開き譜面になるように、構成はそのままで、読みやすく直すんです。

譜面というのは、全員が足並み揃えるためのもの。わかりにくくてリハーサルに支障が出てはとんでもないので、神経使います。。。。。。と言いながら凡ミスがしっかりあるのもわたしの特徴か...(^^;;

要は、音楽の記号を使って、行き方を工夫するんだけど、自分にとっても毎回いい勉強になりますです♪。

今回も、新旧取り混ぜた、とてもっても盛り上がりそうな内容です!
というか、これをオリジナル通りにやったこと、ワタシは無いんでないかな?なんて思う曲もあり、昔からのファンの方々も、おっ! と感動するのでは無いでしょうか(^-^)v。

ミュージシャンサイドとしては、わ、このアレンジをKTSBが忠実に演ったらまたかっこいいだろうな〜とか、これはバンマスがさらに手を加えて、2012バージョンに洗練されるのかな♪、とか想像しながら音資料を聞く訳です。

今年はイレギュラーな大阪野音!!
また別の意味でも盛り上がりそうな気配ですね(#^^#)。

とにかく皆様、体調管理をしっかりされて、当日の暑さその他に対応できるようにされてくださいね!

.......というわたしは実は数日前から喉が痛い......(^^; 夏風邪みたいです。さっさと治さなきゃ! !

ではでは、またリハーサル風景など、twitterでも呟かせていいただきますね!





↑このページのトップヘ