あるネットの記事で見つけました。
小児がんの4才の息子さんを、10ヶ月の闘病生活の末亡くされて、おかあさんが、献血ルームにある落書き帳に書かれたものだそうです。

息子さんは、輸血を受けると自分が元気になることを知っていて「アンパンマンのエキスだね!」といつも言ってたそうです。

急に体調が悪くなり、大至急輸血が必要な時でも足りないことも何度もあり、苦しむ息子さんのそばで、刻まれて行くだけの時間も、家族はずっと耐えるしかなく、深夜に県外からヘリコプターで血液が届き、そして大切な命の時間を延ばすことができる..、そんな日々だったそうです。

輸血というと、事故や手術、と思いますが、がんの治療にもとても使われるそうです。
それからお母さんは、息子を支えてくれた献血に心から感謝して感謝して.....、事故や病気で苦しんでいる人たちのためにご自分がずっと献血を続けているそうです。

わたしも以前献血してましたが、狂牛病の影響で、ある時期イギリスへ渡航した人は献血を受ける事ができない、という規約ができ、ちょうどその時期に、ホームステイでイギリスへ行ってた親友を訪ねていたわたしは、規約上は、献血できない人になってしまってます。.......。

記事には、健康な人には献血をしてほしい、出来ない人には、こんな事実もあったよと人に伝えてほしい、と書いてありました。

命のリレーですね。いつ自分がお世話になるかわからないです。


  「ねえ、今なにしてる?」 
             今日も お空にむかって   
                          きよみ  ← お母さんの言葉です。