に少しだけ眠りにはいる身体のお手伝いすること。(^-^)

やっぱり眠れないときは身体のどこかが緊張してることが多いそうです。

仰向けに、ベッドや布団に横になったら、ひとつずつ、身体のパーツの力を抜いてくんだそうです。

たとえば.....,頭、顔(けっこう軽く歯をくいしばってたりする)、首、肩、右手だったら、腕、肘、指の一本一本..。次にもう一本の手の同じ事、それから腰、お尻、もも、膝の裏、足首...みたいな。

書くとややこしいけど(^^; ようは、身体が浮いてるみたいに感じるくらい力を抜きまくる.....。力を抜くって意識しないと出来てないんだなあ...と、確認しちゃいました。

一周じゃ眠れなくて、二週〜とかしてるうちに寝てた、...ということもあるです。

脳が興奮してるときも、羊を数えるのと同じように、ひとつひとつ意識して力を抜いてく作業で、考え過ぎの脳を忘れさせてくれるみたいですよ〜。

これは、整体系、(心も身体も)の先生にうかがいました。(^-^)