なのには理由があります。(^^;

2年前の初夏に、ちょっと強いストレスとネガティブモード続けてたら、リウマチを発症しました。

両手の指の痛みが続いて、(夜中とか激痛に!)しっかりと調べたらリウマチでした。

リウマチはただの年寄りの関節の病気ではなくて、自己免疫疾患という、膠原病の一種みたいです。
最近は若年性リウマチも増えてるようで、高校生とかもなるそうです。(-_-)

この病気は一応不治の病というか、薬をず〜っと飲み続けるしか無い、と知って、けっこう当時はどん底まで落っこってました。薬もどうしてもエスカレートしていくようです.....。
でも、本屋さんで出会った一冊の本に、免疫力で病気は治る!とあり、そちらに賭けることにしました。それから食事療法、ストレスから抜ける努力をする、爪もみ療法という3つをやり続け、3ヶ月後~、痛みと全身のだるさから少しずつ抜けることが出来ました(^-^)。

今はリウマチの因子は低いレベルであるものの、こちらも小康状態です。

ここ数年の友人たちの死、自分の病気。いろいろ知りたくなりました。身体って本当に、どんなものなんだろうって...。

とにかくストレスは病気を招くみたいですね〜。(ただし良性のストレスと悪性?ストレスがあるみたいです!)ネガティブはダメですね〜。ふう。

今は、たとえば、傘をずっと持つ、とかしてると指がこわばったり(^^; 小さな後遺症はあります。
あと寝不足だと朝、指に違和感、とか。
だから出来るだけ免疫を落とさないようにしながら生きている訳です(^^)。無理しすぎたら、また登場すると思うので。

皆さんも、どうか、出来るだけストレスをためないで、自分の身体を大事にしてあげてくださいね.....。