KT氏のアルバム『The sunshine band』に2曲書かせてもらいました。『忘れないでいて』が思いのほか皆さんの御支持をいただいて、ちょっぴりだけ影が薄いかなぁ、という曲です。(#^^#)

実はこの曲は、2005年夏のシングル『波』c/w 『風のロンリーウェイ』の録音のときに一緒に早く録音しました。確か...2005年の4月だったと思います。
『TSB』が2006年リリースだから、一年以上前にこれだけ録音したことになります。

一也くんが亡くなって、まだモツ君がメンバーとして正式に入っていない、ちょうどキーボーディストのいない隙き間の時期。
だから、あの曲はわたしがピアノ弾いてるんです(^^; つたないピアノですが.....。

レコーディングは99%みんなハラハラしてたと思います。もち、わたしが一番ハラハラ...!ピアノのRec.なんて産まれて初めてだし、KT氏もメンバーもスタッフも、CDになるような音が録れるのか?!と,さぞ......(^^;。

録音機材のあるミキシングルーム、コンソールルームに全員音を聞くために集まり、わたしは自分のコード譜を持って、生グランドピアノのあるブースへ、トコトコ。後は会話は、各部屋にあるマイクを通してヘッドフォンで行います。

角田くんの指示で、イントロ、間奏、後半〜ラストにピアノ入れて、ということで、始まりました。
......本人もメンバーもみんなびっくりするくらい、さっと出来たんですよ。1テイクか2テイクでOKでした。

リハーサルがてら、ピアノで合わせてみたときは、「どうなることやら」(-_-)と正直思ってました。ライブとは違うしね..。でも、本番は、するっ....と。もちろんプレイはつたないです〜。
みんな言ってくれました....。「松下さんが弾かせてくれたんだよ」「一也が来てくれたんだな〜」。

わたしも...ホントにそう思います。レコーディング直前に、ダビングで入れてたふみおのギターにからめれるように、こことここ、に弾けたらいいな、という場所に、なんとなく譜面にえんぴつで丸を書いてました。譜面に書いたのはそれだけ。なにも決めてないフレーズとか音を、わたしなどがあの瞬間に弾けたのは、一也くんが絶対そばにいてくれたんだと。......。全然緊張しなかったと思ってたのに、弾き終わった瞬間、手がぶるぶる震えてました。

一也くんと出来た最後のレコーディングは、この『Fallin' Love』だったんだ、とわたしは今でも思ってます。(^^)v