杉山さんへのプレゼンの曲を書いてました。
歌詞が、今回ちょっと内面に深く入ってくものになってました......。

そんな日の夕方、悲しい知らせがありました。

以前数回だけですが、作詞家渡辺なつみさんのご紹介で、ライブの打ち上げなどで、なつみさん達と皆でわいわいと、うかがったお店がありました。海に近くて、マスターは真っ黒に日焼けして、優しそうな奥様と、ほんとに可愛いまだまだ小さい子供2人..。いつも愛に満ちあふれたお店でした。

そのマスターがお昼に倒れて心筋梗塞でこの世を去ったと...。まだ55才。ほんとにいっぱいの人達に慕われていました。

わたしなどそんな大した親交を深めれた関係では無かったですが、彼のいつもリラックスした、海と一体となった生活から生まれる笑顔がほんとに! 印象的で、これからもまたあのお店に行きたい! と思ってました。

人の命ははかない.....。ほんとにはかないです。
ありきたりで当たり前のようですが、今生きていることって素晴らしいことです。

杉山さんへの今回の曲を聞くたびに、深く彼を思い出すだろう悲しいタイミングになりました。(まだ世の中に出れるかどうかわからないけど.....)

心から.......ご冥福をお祈りします。